竹内みか個展「センチメンタルパーク」を開催します

Takeuchi Mika Solo Exhibition
at storage, kobe

Sentimental Park

2020.10.31 sat. – 10 mon.

ArtistTalk 11.3 tue. 18:00-

今も遊園地の片隅で
ゆっくりと歩く彼らが
「豊かさ」について問いかける。

描かれているのはメロディペットと呼ばれる動物型遊具。遊園地にある乗り物だが、そこに人の姿はない。近年、娯楽の多様化や少子化によって古い遊園地が軒並み閉鎖され、メロディペットも稀少な存在となった。
動物たちの使い古された毛並みや愛嬌のある表情からは、可愛らしさだけでなく、退廃する物の切なさや狂気があり、生きている様な錯覚すらおぼえる。

利便性や経済を優先して発展し続ける現代社会に奇跡的に現存しているメロディペット。
昭和の時代に作られ、今も遊園地の片隅でゆっくりと歩く彼らが「消費社会」や「豊かさ」について問いかける。

詳細はギャラリーウェブサイトにて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA